岐阜の相続・相続税対策を徹底サポート!|岐阜の法律家による無料相談!岐阜・大垣相続遺言相談室

岐阜・大垣相続遺言相談室

  • トップページ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
相続に関するご相談ならどんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。

以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所紹介     ●スタッフ紹介          ●相続サービスの流れ
●アクセス       ●お客様の声              ●料金について
●こんな方が相談にいらっしゃっています    ●ワンストップサービスのメリット

遺産分割の調停・審判

遺産を分割する場合は、相続人全員による遺産分割協議によって、解決するのが原則となっています。

相続人の間で遺産分割協議がまとまらない場合や、協議に応じようとしない相続人がいる場合には、家庭裁判所の遺産分割調停を利用して、解決を目指すことになります。

この調停というのは、家庭裁判所の調停委員が、相続人同士の意見や主張を聞きながら、調停委員は、亡くなった人への貢献度、職業や年令などを総合的に判断して、相続人全員が納得できるよう、話し合いを進めます。

しかし、この話し合いでも合意ができないときは、「遺産分割審判申立書」を提出して、家庭裁判所の審判で結論を出すことになります。

審判では調停のように、相続人同士の話し合いが行われることはなく、家庭裁判所が各人の事情を聞き取り、公平に判断して、審判を下すことになります。

このとき、必要に応じて相続人や遺産の内容についての事実関係を調べたり、相続人の主張の正当性を確かめることも行なわれます。

下された家庭裁判所の審判には強制力があり、合意できない場合もこれに従わなければなりません。  
 

「遺産分割協議」の詳しいコンテンツはコチラ


futta-bana-.PNG

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお貼りください。事前連絡は不要です。Copyright (c) 2011 Mizuho sogo office All Right Reserved.